■EDを絶対治す宣言■

ED治療薬を連続服用すると育毛に問題が生じる可能性

ED治療薬を連続服用すると、育毛に重大な問題が生じることがあります。これは、ED治療薬そのものに問題があるのではなく、EDを改善することによって写生しすぎることが問題なのです。人間の男性の精子のほとんどは、たんぱく質と亜鉛によって生成されますので、この二つの力が弱くなってくると自然と写生をする力がなくなってきます。特に、精子を作るためには亜鉛が必須になることが分かっていて、亜鉛の力が弱くなってくると活力のある運動をすることができなくなり。亜鉛は、運動をするときに重要になる活力の源であるため、皆がされがちですが非常に重要な栄養分なのです。そして、実はこの亜鉛は育毛にとっても非常に重要な役割を果たしています。亜鉛というのは、髪の毛を成長させることができる毛母細胞という細胞を活性化させ、より効率的に育毛作業をしてくれるように頭皮の環境を支えてくれている非常に重要な物質なのです。実際に、髪の毛の主成分はそのほとんどがたんぱく質ですが、亜鉛はタンパク質と結合することによってより効率的に体内に吸収されることもわかっています。亜鉛が不足してしまうと、髪の毛の質がどんどん悪くなってしまい、髪の毛を成長させることができる細胞の力そのものが弱くなってしまうので、基本的に亜鉛が不足すると特に男性は良くない身体的な状態になりやすくなるということを知っておかなくてはいけません。ED治療薬で、勃起をできる状態にすると、確かに写生をすることができるようになりますが、ED治療薬はたんぱく質や亜鉛といった栄養分を与えてくれるものではありません。連続服用して写生をすると当然身体に必要な栄養分は尽きますので、当然育毛にも悪影響を与えてしまいますから注意が必要です。

ED最新記事

ページ先頭へ