■EDを絶対治す宣言■

EDに関係する持病の特徴について

ED治療薬のレビトラ男性特有の症状の1つにEDがあります。EDは、勃起状態がなかなか起きないことや、持続ができないなどの症状のことをいいますが、神経や血管に何らかの問題があり、海綿体に十分な血液が送りこまれない場合に起こることになります。勃起は、性的刺激を脳で感じることで興奮が神経を通じて陰茎に伝達され、陰茎動脈が拡張されて血液が海綿体に流れ込むことで起こり、ここでの作用がうまくいかない場合には十分な勃起状態が得られないことになります。 EDは、加齢とともに症状が現われることでも知られていますが、病気などが大きく関係する場合があり、前立腺がんや膀胱がん、直腸がんなどの摘出手術で、陰茎海綿体の血管や神経が損傷した場合にも起こることになります。また、持病によっては関連性が大きくなる場合があり、特に、生活習慣病となる糖尿病や高血圧、高脂血症はED併発率が高いとされています。これらの症状の特徴としては動脈硬化があり、ここでは、血液循環に悪影響を及ぼすことがEDの原因となっています。 まず、糖尿病はEDが起こる割合が最も高い疾患となっており、進行度によって症状も軽度から重度と違いはあるものの、併発率では80.9%と高い数字となっています。高血圧の場合においても起こる割合は高くなります。高血圧では、服用している薬剤が原因となる場合があり、ここでの併発率は66.7%となっています。高脂血症の場合にも同じく動脈硬化の原因となっており、併発率としても64.7%と高くなっています。 生活習慣病は様々な病気につながることが多いために注意をする必要がありますが、特に血液循環に関連する持病を持っている場合には医師と相談をした上で治療を進めることが大切なことになります。

ED最新記事

ページ先頭へ