■EDを絶対治す宣言■

ED治療の最新情報

ED治療薬のバイアグラED治療の最新では、薬として提供される種類が非常に多くなっています。従来までのED治療薬は、そのほとんどが錠剤であったため、服用しないと効果を発揮することができないタイプのものが大半だったのですが、近年では服用タイプのものでも錠剤だけではなくなり、水に溶かして服用することができるものも増えてきました。それだけではなく、服用しなくても直接幹部に塗布することによって効果を発揮することができるものも登場しており、以前まででは薬と相性が悪くて使うことができなかった人でも、細心の薬を使えば身体に悪影響を与えずに効果を発揮させることができるようになっているのです。また、薬そのものに関する副作用や効果に関しても大きな違いが出てきています。昔のED治療薬は、服用すると患者の8割から9割が何らかの副作用を報告していましたが、近年ではそれまでの薬と異なって副作用を報告する人が極端に少なくなっているというメリットがあります。大体、従来までの5分の1から4分の1程度の副作用で済ませることができていますので、身体に生じる負担が非常に小さいのです。こうした傾向がありますので、身体に負担をかけずに長時間において薬の効果を持続させることに成功しています。たとえば、一番再審で提供されているED治療薬に関しては、それまでの数時間という効果の効き目ではなく数十時間というものすごく長い効果を体感することができるようになっています。しかも、自然な形で勃起をすることができるようになっていますので、身体に対して生じる負担が極力小さくなっているメリットもあるのです。海外ではこうした薬を安価なジェネリック医薬品として利用できますので、人気が高いのです。

EDを治すICI治療があります

EDを治すICI治療があることを説明する医師男性器の勃起が十分にできず、満足のいく性行為ができなくなるEDは男性にとって重大な問題です。男性の勃起は海綿体に血液が流れ込むことで起こるので、血流を良くすることが大切ですがそれ以外にも様々な要因が存在します。中高年に多いのはこうした血行不良による器質性のものですが、仕事に疲れによるもの、人間関係からくるストレス、前回の性行為で失敗したトラウマなどメンタルな部分でも直接的に作用して、男性器が上手く勃起できなくなることもあります。こうした症状を心因性EDと呼び、器質性と合わさることで複雑なEDの症状となるのですが、専門のクリニックや泌尿器科などで治療薬を処方してもらえば治る可能性も十分にあります。一般的なED治療はバイアグラなどの治療薬を用いて行いますが、それ以外にもICI治療と呼ばれる方法も存在します。日本ではまだ普及していないので馴染みの無いものですが、海外の先進国では一般的に利用されている治療方法です。その方法は錠剤を経口投与するものではなく、医師の処方する勃起を促すように調合した薬剤を、注射器によって海綿体に直接注入するもので、薬剤の働きによって強制的に勃起をさせます。ED治療薬では外部からの性的な刺激や興奮が伝わらなければ勃起することはありませんでしたが、ICI治療は神経や血液の循環などは関係なく、無理やり勃起させる方法なので、前立腺ガンの摘出手術や事故の後遺症によって勃起ができなかった人でも改善できる可能性があります。非常に簡単な治療法ですが、問題は自己注入型という方法で、自分から陰茎に注射器を刺さなければいけないため、非常にハードルの高いものとなっています。それでも改善率は9割以上となっているので、どうしても勃起できない人には役立つ治療法です。

ED最新記事

ページ先頭へ